2010年04月01日

最低賃金引き上げへ事業所調査=低水準16道県で−政府(時事通信)

 厚生労働省と経済産業省の最低賃金引き上げに関する検討チームは30日の会合で、全国一律に時給800円の最低賃金を導入した場合の問題点や地方から国への要望を調べるため、他県と比べ低水準の沖縄、北海道など16道県の事業所を対象に、6月から調査を開始することを決めた。調査結果は7月中旬までにまとめ、地方からの要望は2011年度予算の概算要求に反映させる方針だ。 

【関連ニュース】
後期高齢者保険料、2.1%増=来年度、都道府県格差2倍強
自殺者最多は3月1日=休日は減る傾向
失業率、横ばいの4.9%=求人倍率は2カ月連続改善-2月
2月の対象者、2カ月連続減=雇用助成金
ホームレス、全国で1万3000人=減少幅は過去最大

フリー、ネット記者10人が出席=内閣記者会が開放−首相会見(時事通信)
「騒音増す」シュワブ地主ら契約更新拒否の意向(読売新聞)
肥満と麻薬中毒に同じ脳変化=ラット実験で裏付け−米研究所(時事通信)
アートナイト 一夜限り 街は美術館 東京・六本木(毎日新聞)
普天間、県内2案を米に提示へ=基地機能5割超を県外移転−政府(時事通信)
posted by ホリウチ セイジ at 08:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

<放火3人殺害>29歳女に無期懲役 さいたま地裁判決(毎日新聞)

 埼玉県熊谷市で07年1月、自宅に放火して両親と長男を焼死させたとして現住建造物等放火と殺人の罪に問われた元パート、斉藤綾被告(29)に対し、さいたま地裁は25日、求刑通り無期懲役を言い渡した。伝田喜久裁判長は「犯行は身勝手で結果も重大。死刑も十分考えられるが、被害者の冥福を祈り、残された人生を全うさせるのが相当」と述べた。

 判決は、動機について、受験したばかりの職場の資格試験結果に自信がなく、解雇される不安を抱えていたことに加え、当時の交際相手に別れ話を切り出されたことから「すべてを消したい」と考えたと指摘。未明に自宅1階に灯油をまいて放火して全焼させ、寝ていた父親(当時78歳)と母親(同61歳)、長男(同5歳)を焼死させた。

 弁護側は「確定的殺意はなかった。心神耗弱状態だった」と有期刑を主張したが、判決は、殺意も完全責任能力も認めた。【浅野翔太郎】

幹部公務員83人が勧奨退職=政権発足半年で−政府答弁書(時事通信)
アシアナ機オーバーラン、報告は2日後(読売新聞)
天皇、皇后両陛下 長岡宮跡を視察(毎日新聞)
眞子さま・佳子さまが卒業式、校門前で記念撮影(読売新聞)
元公設秘書側「癒着や政治腐敗を生む資金の隠蔽ではない」 弁護側最終弁論要旨(産経新聞)
posted by ホリウチ セイジ at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。