2010年06月11日

改正法全面施行控え、省令・GL案を了承―臓器移植委員会(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は6月10日、「厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会」(委員長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)を開き、7月17日に全面施行される改正臓器移植法に係る省令とガイドラインの各案について、パブリックコメントで寄せられた意見を踏まえ、細かな表現などについて議論した。一部の委員から意見が上がったものの、いずれの案も了承された。6月下旬にも全都道府県の担当部署に通知され、7月の施行に向けて最終的な法整備が進められる。

 10日の会合では、5月7日から6月5日までの約1か月間に行われたパブリックコメントで、改正法の関係省令とガイドラインの各案について寄せられた20件の意見や提案を事務局側が報告。とりわけ、改正法で新たに規定される15歳未満の小児からの臓器提供にかかわる部分について、複数の意見が寄せられたという。いずれも、表現を変更して対応すべきものではなかったものの、一部の委員からは「一般の人には、法に規定された『脳死』の概念や、それと『長期脳死』との違いは分からない。子どもにもかかわる問題なので、分かりやすい表現を心掛けるべき」などの指摘が出た。
 会合では併せて、臓器提供意思表示カード(ドナーカード)の不備記載への対応方法についても議論した。これについては、あらかじめ委員会の下部組織の作業班がさまざまな不備記載のケースを想定して検討した内容を基に、事務局側が考え方の方向性を示した。具体的には、▽相反する記載や矛盾が認められた場合には、カードに残された内容からできる限り客観的に本人意思を判断する▽カードの記載から判断できなくても、家族などの証言から拒否の意思が認められる場合には、臓器摘出は行わない―などで、委員からは特に異論はなく、了承された。

 事務局では、了承された省令とガイドラインについて、6月下旬にも全都道府県に通知。7月17日の法施行前には、都道府県の担当者や移植コーディネーター向けの説明会を行う予定だ。


【関連記事】
改正法施行控え、厚労省に要望―臓器移植関連学会協議会
改正臓器移植法で免許証にも意思表示欄―警察庁
新規の心臓移植実施施設に9病院を審査
改正臓器移植法のガイドライン案を公表―厚労省
医療従事者にも十分な普及啓発を―臓器移植・普及啓発作業班

<鳩山首相退陣>「幹事長にも身を引いてもらいたい」(毎日新聞)
「政治とカネ」野党再び攻勢 小沢氏の喚問など要求「しなければ“逃げ菅”」(産経新聞)
原口総務相も菅氏支持 長妻厚労相は小沢氏排除に言及(産経新聞)
嵐の二宮さん、自転車と衝突事故=交差点で、女性軽傷―警視庁(時事通信)
「学力低下」に悩む大学たち 高校レベルの補習4割(J-CASTニュース)
posted by ホリウチ セイジ at 09:41| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

<縄文ツツジ>水田に映え 枝周り20メートル(毎日新聞)

 樹齢が分からないほど古く、枝周りが20メートルもある、岩手県大槌町小鎚の鉄工業、小笠原長一さん(60)方の「縄文ツツジ」が見ごろを迎えた。深紅の樹姿を田植えが終わったばかりの水田に映し、山里の初夏を彩る。

 遠い昔から花の営みを繰り返してきたというロマンから、その名が付けられた。今年は天候不順でいつ咲くのか家族をやきもきさせたが、10日近く遅れての装いとなった。一陣の風で八重桜の淡紅色の花びらがツツジの樹上に舞い、輝き、思いがけなく花の競演を見せてくれた。

 新山高原からの山水が日夜根元を浸し、養分をたっぷりと吸い込んで樹勢を保つ。その花の艶(つや)を愛(め)でてやるのが、小笠原さんの至福の時でもある。【鬼山親芳】

【関連ニュース】
<写真特集>毎日植物園・春
<写真特集>チューリップ:東京・丸の内のオフィス街で8万本が春を演出
<写真特集>今年の桜の思い出は?

テレ朝2審も敗訴 マンション建設報道で(産経新聞)
自公会談 口蹄疫特措法案不調なら赤松農水相不信任決議案 28日に内閣不信任案で協議(産経新聞)
<傷害容疑>祖母をけり死なす、26歳逮捕 福岡(毎日新聞)
杉並区長が記者会見で辞職表明 参院選出馬意向も(産経新聞)
普天間「持続可能な解決策を」…米国務長官(読売新聞)
posted by ホリウチ セイジ at 15:57| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

【新・関西笑談】Salad City KOBE(5)(産経新聞)

 □ロック・フィールド社長 岩田弘三さん

 ■日本の食を見直して、「神戸サラダ」つくりたい。

 −−「神戸コロッケ」や「野菜ジュース」など、岩田さんの発想でヒット商品になったものが多い。アイデアはどこから

 岩田 いやぁ、それは困った質問です(笑い)。社員はボクが何かとんでもないマーケティングをしているように思っているようですが、そんなことはないんですよ。ボクはなんというか、人の生き方というものにすごく興味があるんです。ええカッコいうと、人に喜んでほしいんです。こんなことをしたら喜んでもらえるんとちゃうか、世の中が変わるんとちゃうか、とか、いつもそんなことを考えています。

 −−それがヒントに

 岩田 たとえば、なぜロールケーキがこんなに売れているのか、考えながら見るんです。これは何もお菓子や食べ物に限ったことではありません。ファッションであろうが住宅であろうが、なんでも関心があるんです。そんなふうに世の中をみていると、あるとき、ふっとお客さんが求めているものを感じることがあるんです。

 −−これからどんな取り組みを

 岩田 1つは「神戸コロッケ」で新しい試みに挑戦します。元町の店を改装し、6月にオープンします。ここも安藤さんの設計で、パイプだけで外壁をつくるという、これまた斬新なデザインです。新しい店舗では商品全部に背番号をつけて、お客さんには番号で注文してもらうという、ちょっと変わったことをやろうと思っています。また、商品面でもお菓子と総菜の中間のものとか、いろいろ考えています。どうぞお楽しみに(笑い)。

 −−ほかには

 岩田 羽田空港のターミナル内に出店し、サラダを売ります。7月のオープンに向けて準備を進めています。じつは、かつて関西空港や伊丹、神戸、羽田でコロッケを売っていたことがあります。「関空でコロッケを買って、パリで食べよう!」なんてアピールしましたが、結局、全部撤退しました。当時に知り合った空港関係の知人から「羽田でサラダ売ってよ」と話があり、十数年ぶりに再チャレンジすることにしました。

 −−さて、サラダをこれからどうしますか

 岩田 ボクは日本の食をもう1回見直して、サラダというツールを通して新しくデザインしてみたいと考えています。すでにいろいろと試作を始めています。それと、これからはアジアの時代です。中国、韓国、ベトナム、タイなど、これらの国々の食をサラダを通して表現したい。

 −−なかなか壮大な計画ですね

 岩田 ボクは神戸生まれの神戸育ちです。神戸というとケーキ、パン、洋食、真珠、ファッションなど、いろいろな“街”がありますが、ボクはここにサラダを新しくつくりたい。これからの時代、「健康」「安心・安全」は、食だけでなく、町や社会にとっても大きなキーワードです。そのキーワードに最適の食がサラダだと思います。新しいサラダをどんどん世に出していって、“神戸サラダ”というものをつくりあげたい。そして、ゆくゆくは「Salad City KOBE」と呼ばれるようになったらいいなぁ、と思っています。=おわり(聞き手 佐久間史信)

【関連記事】
もこみち手料理に“たべカワ”杏ウットリ
サラダ麺ブームの兆し 背景に女性の健康志向
大阪のうまいもん弁当 コンビニで販売 
メリーランド・クラブケーキ 磯の香り漂う蟹の身たっぷりのごちそう
吉野家、朝定食で巻き返し 品ぞろえ充実

赤字のニューズウィーク、売却検討(読売新聞)
県内移設まで40数カ所検討=官邸入りで「認識新たに」−鳩山首相(時事通信)
新たな特産品へ オリーブ牛の初出荷 小豆島(産経新聞)
平野官房長官 鹿児島へ 徳之島の町議と12日午後面会(毎日新聞)
「男女平等」は岩手11位、青森42位 東北大が推計(河北新報)
posted by ホリウチ セイジ at 01:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。